Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
最新記事タイトル
最新コメント
カテゴリ
これまでの記事
最新トラックバック
お勧めサイト
管理人の紹介

そらのいろつちのいろ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ぼくらはみんな生きている
ちょっと重いことを書くので、
読みたくない人は読まないでください。

色々迷ったのだけれど、
ここに自分の気持ちを書いておこう。

「生きていたくない」という友人がいます。
心の病気なので、私は、何もしてあげられないので、
(逆に追い詰めてしまうかもしれない)
「生きていてほしいな」と見守ることしかできません。

大人になると、なかなかしないことだけど、
草の上に寝っころがると、
私はとても楽になります。
で、こういうの歌ったりすると元気になります。


手のひらを太陽に 作詞者 やなせたかし
(歌詞は、JASRACさんからメールが来ちゃったので削除しておきます) 


もう一度生まれたら 作:中川一政

「私ははじめて生まれてきた。
だから、どう生きたらよいかわからずに這い出した。
どこへ行ってもぶつかる。
ぶつかって間誤ついた。
今度生まれたら、もっと卑屈にならずに堂々と歩けるだろうし、
無駄もしないだろうと思う。
しかし、それはわからない。
矢張りまごついたり、いじけたり、物にぶつかって歩いてゆくのが、
人間というものかと思う。」


動物とか嫌いかもしれないけど、
人間だって、生き物だよ。
お母さんが言った言葉は、脅迫なんかじゃないよ。
「生きていて欲しい」って気持ちは、
自然なんです。
理屈じゃないと思います。

私は、あなたと出会えて良かったと思う。
| blog | 23:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:32 | - | - |