Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
最新記事タイトル
最新コメント
カテゴリ
これまでの記事
最新トラックバック
お勧めサイト
管理人の紹介

そらのいろつちのいろ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
犬と暮らすこと(1)
私が一緒に暮らしている
「レオン」と出会ったのは、
まだ旦那さんと出会う前です。
家族の中では、一番付き合いが長い。
もう七年目に入ります。

レオンは黒のトイ・プードルです。
実は、今流行の犬種で、
特に「レッド」のトイは、テディベアのようだと
もてはやされています。

もし、今、この犬を飼いたい!と強烈に思っている人がいたら、
是非最後まで読んでいただきたいと思います。

私がこの犬種を選んだのは、まだ、20代前半の頃、
東京のよく行っていた骨董屋さん(と言うより古道具屋だったけど)
が飼っていたからです。
本当に頭が良くて、古道具を壊したりすることもなく、
毛の抜けもほとんどなく、
自分が飼うなら、この犬種が向いている、と
漠然と思ったからでした。

実は、実家で飼っていた犬がチャウチャウという犬種でした。

後で知ることとなるのですが、
チャウチャウという犬種は、飼い主にさえ、なつく、ということが
難しく、扱い方のとても難しい犬種5に入るくらいの犬だったのです。
(プロの方でも難しいそうです)

散歩や、餌をあげていた、私や父も、何度か噛まれましたが、
妹にいたっては、小屋に入った時に、襲われる、という事態になりました。
(普段、世話もしていないのに、小屋に入ることは、ライオンの檻に入るのと変わりありませんでした)

犬、というのは、“群れ”という意識が非常に強い動物で、
家族とかで暮らしていると、自分の順位(何番目にいるのか)を
決めて生活しています。

妹は、チャウチャウから見て、自分より下の位置にいたに
違いありません。

まず、飼いはじめから、間違っていました。
「家の外で飼うべきではなかった」のです。
犬というのは、“群れ”を意識しているものですから、
プライドの高い犬種ほど、家の外に出されると、
「疎外感」を感じるのです。

家の中で飼う利点として、
犬に、徹底して、「順位」を教えることができます。
長く時間を共有し、小さい頃から、しっかりと躾をすることで、
チャウチャウだって、変わっていったかもしれません。

彼女(チャウチャウ)は数年前に亡くなりましたが、
今、思い返しても悔やまれることで一杯です。

「犬種」にこだわる、というのは、
私の場合、責任を持って飼える、相性の合う犬を選ぶ、
という意味を持ちます。

そんな思いを持って飼いはじめた「レオン」ですが、
一つ大きな誤算がありました。
「一人にされることがもっともキライ」という性格です。
勉強不足だったのですが、この犬種には特徴的なことらしく、
とにかく、「お留守番」が大嫌いです。
一人暮らしで働きに出る人が飼ったら、この犬にとっては
毎日が「不幸」と言ってもいいくらい。

今日はお留守番、だと感づくと、出かける前から嫌がらせ?が始まります。
コレが、三才になるまでは、特にひどかったです。
具体的に言うと、
私が出かける直前になると、色んな場所にフンを“こすりつけて”まわるのです。
「頭が良い犬」というのは、言い換えると、
人の都合から見ると、「悪知恵がよく働く・・」ということにもなります。

旦那さんと結婚した時、家が変わった時も
しばらくは馴れなくて、大変でした。
娘が生まれた時、少しすねていたような気がします。
でも、一緒に暮らしてきて、
かけがえの無い存在だなぁ、と感じる時の方が多いのです。

■最近人気のある「テディ」系のプードルは、
 トイではなく、一方をミニチュアと掛け合わされている場合が多いそうで、大型化しています。そうなると、運動量も必要です。
小型犬の繁殖は、大変難しく、「障害」を持った犬が生まれてくる危険が多いそうです。(実際、私は知り合いから同じ話を聞きました)
犬を飼う場合は、躾はもちろん、自分が責任を持って最後まで飼える犬かどうか、判断することが大事だと思います。













| 犬と暮らす | 12:24 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:24 | - | - |
ウチではいつか猫を飼いたいのですが、どうせなら室内向きの種をと思い去年色々調べ、ブリーダーのところへ話を聞きにも行きました。
これまで実家で飼ったことのある犬や猫は、ほとんどもらったり拾った子たちだったので、種による性質をよく考えていませんでしたが、やっぱり飼う前に勉強することは大事ですね。(私も子供の頃、飼っていたコリー犬に抱きついて噛まれました)
猫選び、慎重に行こうと思います。

#遅ればせながらリンクを貼らせていただきました。
#(ていうかとっくに貼ったつもりでいました・・・)
| ydr | 2005/03/25 6:09 AM |
私も、次の機会があったら、
もっと慎重に、ペットショップとかではなく、
ちゃんと対面してから決めたいな、と思います。

私も、うっかり色々忘れてることあります。
そういうの、気にならない(というか、気がつかない・・)
性格なので・・あはは。
| niko | 2005/03/25 8:54 AM |
うちのGレトリバーもペットショップで出会った子です。
飼ってから勉強して、一番いけない飼い方だったと反省しました。
次に犬を選ぶことがあったら、ブリーダーさんから
親犬を見て飼いたいと思ってます。
(ゴールデン、遺伝的な股関節の病気があるので)

賢いイメージがあるけど、ものすごくイタズラします。
飛びつかれたら倒されるし、あまがみでも服が破れるし、
大きいので破壊力もすごいです。
しつけがとっても重要!
ダメな犬だな〜と思うのは犬じゃなくて飼い主が悪いんだって。
何かやらかしてくれる度、自分に反省です(ーー;)
| acri73 | 2005/03/25 1:22 PM |
大型犬のイタズラってすごそうですよね(笑)
>飼い主が悪い
って耳が痛いなぁ(笑)
三才までは、どうしても色々してくれますね。
でも、子どもと同じで、そういう大変な時期も、
過ぎてみると、懐かしかったり・・。
愛情ってコワイですね(笑)
| niko | 2005/03/26 8:58 PM |
うちも↑のacriさんと同じくゴールデンですが、いろんな
研究をした結果、自分に一番あっているのではないかと
思っていまの子を迎えたんです。結果は、正解。
ブリーダーさんを幾つか当たって、最後に決めたところは、
まず私達夫婦の面接をすると言ったんです。
きちんと収入があるのか、庭のある家なのか、小さな子供はいないか・・等。
犬を迎える、ペットとしてでなくパートナーとして一緒に
暮らしていけるのかというチェックをされました。初めは
かなり戸惑いましたが、後々考えると、それが本当に意味が
あるものだったんだなあ〜って思います。
私達より確実に先に逝ってしまう彼女のために、彼女が「ああ、この家にきて幸せだった」とそう思ってもらえるようにしてあげたいなあと思ってます♪
| michiko | 2005/03/28 9:48 PM |
michikoさん
面接が必要なんて、本当にちゃんとした所ですよね。
「良心的」な所って、そういうところだと思います。
私も、自分が犬だったら、michikoさんみたいな人に
飼ってもらいたいかも(笑)
うちのレオンは、naranoに追い掛け回されたりしますから(笑)
| niko | 2005/03/30 12:00 PM |









http://itinisan-daa.jugem.jp/trackback/254